スピリチュアルコーチングを実践して、心を透明にする努力をしてみましょう。問題点が明確にあるのならば、その問題を解決すればすっきりとするでしょう。心を透明に保つには、問題解決力がとても大事だと気づかされるでしょう。自分の心の中で問題を解決し、物事の解釈や、ものの見方を変えるだけで、すっきりとするでしょう。相手が何かしてくれないと解決しないという状態ですと、いつまでも心はすっきりとしないでしょう。大切なのは、自分がどのように物事をとどらえるか、自分の心がすっきりとする状態を作るように解決していく、というのが悩みをひきずらない方法と言えるでしょう。天使は明るく透明な心の人のそばにいたいと思いますので、努力して、そのような自分を日々作っていきましょう。骨の折れることですが、共に頑張っていきましょう。マイナスをプラスに変える振り返りの習慣についてお話します。ここでひとつの事例をお話ししましょう。ある晩、喘息の咳が止まらなかったときに、自分の心を見てみました。するとどうでしょうか。そのときに、**さんに傷つけられたとか、自分のここが駄目だとか、マイナスなことを思っているのです。体調が悪い時に点検すると、何かしら、マイナスなことを考えている自分の心に気が付きました。急きょ、反省をして、感謝からはじめました。**さんの良いところはここ。ありがとう。私はやる気十分だし、未来のビジョンを描く力が残っているね。よくやっているよね。と、自分もほめました。感謝の気持ちが心から出て、人を裁く思い、人を恨む思いを手放したときに胸に張り付いていた冷たいものが、飛んでいく瞬間が分かったのです。喘息の発作が、止まりました。