目に見える天使と、目に見えない天使が存在すると思っています。私たちは目に見える人(家族・友人など)の助けや、目に見えていいことが起これば、感謝できますが、目に見えないものに対しては、感謝を忘れがちと言えるでしょう。目には見えないけれど、天使が応援してくれている。そう思うと、いろんなことが思い出されるでしょう。人生を振り返ると、天使の応援なくしてここまでこられなかったと、心から思うことがあるでしょう。時々ふと、自分の能力で、仕事を何年続けていけるのか、心配になることもあるでしょう。そのようなときに、心の奥から声が聴こえるようです。「あなたは、生かされているから大丈夫」「天使が応援してくださっているから大丈夫」そうすると、不安が消えて、希望の未来が見えてくるでしょう。いろいろなことを日々心の中に宿る天使に相談するとよいでしょう。心の中で、「どうか私を使ってください」「誰かの役に立てるように、私にお役に立てる相手の方を与えてください」と祈ると良いでしょう。この祈りは効果があるようです。必ず「私が貢献できる人を与えてくださっています」。明らかに誰かが自分を見ていて応援してくれていると感じる出来事がいくつもあるでしょう。仕事が順調に行くのも、他力9割、自力1割ではないかと思うくらい、応援をいただいていると言えるでしょう。「これは自分の力ではない」ということが何度も続くと、信じるしかなくなるでしょう。きっと「天使がいてくださって、いつも見守り、応援してくれている」ということを。今はもう未来を心配することをやめましょう。なぜなら天使がついていてくださっているからです。淡々と、努力をしていくことでしょう。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です