もし、どうしてもそう思えず苦しんでいるとしたら、自分が無意識に演じてきた「キャラクター」を、意識的に変えていく練習が必要かもしれません。

私たちがふだん、無意識に演じているキャラクター(合言葉、表情、姿勢、呼吸、イメージなど) が、現実(行動、選択、思考、発想のパターン)をつくり出しています。ですから、自分のキャラクター、つまり、言葉、表情、姿勢、睡眠、イメージといった、自分が無意識に行なってUる習慣を蜜えればよUのです。そうすることで、現実の世界はたちまち好転していきます。

ためしに口角を上げて、姿勢を正してみてください。それだけでも視野が広がり、浮かんでくる発想や選択が変わってきます。いままで問題だと思っていたことが、問題ではなくなってくる自分に気づくはずです。

Author

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *