タロットと呼ばれているカードを使った占いを、タロット占いと呼んでいます。タロットカードは全部で78枚あり、それぞれに意味のある絵が描かれています。大アルカナと呼ばれるカードは22枚あり、小アルカナと呼ばれるカードは56枚あります。これらをシャッフルして、現れたカードが占いの結果になります。上下で意味も関係しており、反対の状態になっていることを逆位置と呼んでいます。例えば勝利を意味する「戦車」のカードが引き当てられた時、これが逆位置だった場合には「転覆(覆されて敗北してしまう)」という意味になります。単純に意味を読み取るだけならば、一人でも行うことができる占いと言えます。タロット占いの本などで答えを用意しながら、挑戦してみても良いかもしれません。
占いに精通しているひとであれば、カード一枚一枚に書かれた意味をそのまま読み取るのではなく、そこから浮かんだことや閃いたことを質問者に投げかけます。あくまでタロットカードは手掛かりであり、大切なのは、そこから物語を読み取ることです。例えば「運命の車輪」というカードは、運命を表す車輪に不思議な生物たちがしがみついて回っている絵です。この絵を質問者の現在の状況に当てはめて考えます。すると、ここから「変化をする」ということを読み取れるかもしれません。イマジネーションに近い世界ですので、カードからはっきりした正解を見つけることはできません。あくまでも、指針にする程度であり、大切なのはどのように読み取るかということです。上級の占い師は、カードの意味から大きく外れたことを言うこともあるそうです。しかし、あくまで「カードから受け取ったイメージから感じ取ったこと」なのです。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です