ルーン文字は、象形文字のような模様の文字で、1世紀頃に用いられていた文字と言われています。このルーン文字を使った占いは、ルーン占い(runic divination)と呼ばれており、タロット占いのように「出てきた文字から意味を読み取る」という占い方法です。24個の石やカードにそれぞれルーン文字が刻まれており、同じく24本の小枝を使うのが一般的とされています。ルーン文字にはそれぞれ意味があり、例えば大文字のFを斜めにしたような形のものはフェフと呼ばれており、豊かさや富、反映を表しています。<を歪ませたような形をしたものはケナーツと呼ばれており、温かさや知識、炎そのものを表しているとされています。これらのキーワードを質問者の状況と合わせて考えながら、答えを探していく占い方法です。ただし、その時代や地域によってルーン文字は違う形である場合や、違う意味を持っている場合もあるそうです。占いを行う人によって、ルーンの文字体系は変わってくると言えるでしょう。
占いの方法は、キャストとスプレッドの二種類が主なものとされています。キャストは、9本の小枝を使います。導き出したい答えのある質問を思い浮かべながら、キャスティングシートと呼ばれる白い布の上に小枝を放り投げます。そうして置かれた小枝の形から、ルーンを読み取ります。それがそのまま、結果となるそうです。二つ目はスプレッドと呼ばれる方法です。スプレッドはシンプルな占い方法で、まずはルーン文字の書かれた石かカードをルーンバッグに入れて、同じように質問を考えます。それから、くじを引く時のようにバッグに手を入れ、石かカードか入れたものを、ひとつ選んで取り出します。そこで出てきたものが、答えになります。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です