仕事に悩んでいる人ほど、スピリチュアルの世界を覗いてみて下さい。そうすると、あなたも、あなたが携わっている仕事も、宇宙の中の塵芥に過ぎないことが分かります。つまらないことで悩む暇があれば、「真の仕事」に思いを致すようにして下さい。真の仕事とは、生命を育むことに他なりません。少なくとも宇宙的な観点では、そう考えるのが自然です。我々の究極的な目的は、仕事で成功することではありません。仕事も含めてすべての営みは、生命と関わることを目標としているはずです。大仰な言い方をしましたが、一般家庭における営みとして考えるならば、それは出産や育児に当たります。育児を超えるスケールの仕事など、この世には存在しないのです。

どのような仕事をしている時でも、このように考えれば増上慢に陥ることは無いでしょう。自分の能力をひけらかすことも無くなるはずです。育児と仕事を天秤にかけてしまうのは、何も女性だけではありません。男性もついつい育児を馬鹿にしてしまいます。生命に関わる大切な営みを馬鹿にしたまま、成功することはあり得ません。逆に育児の醍醐味を知る機会が増えれば、より本腰を入れて仕事に取り組めるようになるはずです。

少なくとも子どもが3歳になるまでは、育児に従事してほしいと思います。父親の多くは逆に物心がついてから面倒を見るようになるのですが、それは非常に誤った選択だと考えます。もちろん会社のことで頭が一杯でしょうし、時間を割く余裕も無いでしょうが、失われた育児の機会は2度と得ることが出来ません。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です