マインドがあなたを操作してくる手口は、あなたに「恐怖」を感 じさせるということです。
たとえば結婚している女性に多いマインドセットであるところの「家事を完壁にこなすべき」 という内容です。
もしこのようなマインドを持っている場合、いつも家事を完壁にこなしていなければならない気持ちに駆りたてられます。
それは家事を完壁にこなしている・いないにかかわらず、そのような強迫観念に襲われてしまうので非常に辛いものでしょう。
特にこのようなマインドセットがあると家事をサボってしまった時に「恐怖」を強く感じさせられることになります。
そうするとあなたのマインドは、あなたに「だらしない女だ」「旦那の機嫌が悪くなるよ」「離婚されるよ」など、悪意の囁きに脅かされます。
このようにどんどんあなたに恐怖感を与え責めるのです。
結局、どんなに疲れていても家事をやりたくない時も、何が何でも家事を完壁にこなそうとすることになります。
しかし、「家事を完壁にこなすべき」というマインドセットが存在する恐ろしい面は、 家事を完壁にこなしていても「まだ足りない、もっとやりなさい」と
マインドから注意されてしまうことです。
つまりこのマインドセットがある限り、自分の家事に満点を出すことはないのです。
他人からすればその人はいつも、完壁に家事をこなしているかもしれません。
それでも自身はいつも手抜きをしている感覚になるのです。
そして、だんだん家事が辛くなっていきます。
実際にまったく家事ができなくなりゴミ屋敷にしてしまう人もいます。
または、「家事を完壁にこなさければいけないのは旦那のせい」というように、 旦那が厳しいから自分がストレスを感じているというように勘
違いして、旦那のせいにして喧嘩が絶えなくなり離婚してしまうケースも少なくありません。
そして、 このような思い込みがあると本当に家事に厳しい旦那さんを引き寄せてしまう場合もあります。
すべてから逃げ出したくなり離婚したい気持ちが抑えられなくなったりするでしょう。
スピリチュアルの視点からみて、そのような人が本当に逃げたいのは 「家事」 や「旦那」の存在ではありません。
本当に逃げたいのは、あなたの中であなたをマインドコントロールするマインドセットです。
逆に、 このマインドセットから目覚め自由になることができれば、どんなに家事に厳しい旦那がいても、姑が家にやってきて嫌味を言われようとも、まったく気になりません。
我々は自分のマインドの中に存在しないものは一切気にならないのです。
厳しい旦那を見てそんなにピリピリしてお気の毒にと憐れむかもしれません。
また、嫌味な姑の言葉を聞いても、「歳を取ると嫌味っぽくなるのね」などと思う程度で自分を責めていると捉えないため、達観できるようになります。

Author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です